読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高機動型ブログ

自分の反省や今後の目標を適当につらつら

魔境脱出へ

何を隠そう自分は前期シルバー3から、プレイスメント9連敗でブロンズ4スタートになったヌーブです。ここで自分が感じたブロンズならではの風潮を説明しながら脱出への糸口を解説します。

レーン戦

とにかくブロンズ帯は一度負けると死に続け、せっかく他のレーンで1~2キルとれたとしても、他レーンで5キル持ったスローボールチャンピオンがいることがざらにある。LOLは完全にチームプレーが根幹であるため、一度負けてそのまま死に続けるとチームの崩壊に繋がる。1~2キル取られレーンで負けたとしても、他レーンやジャングラーの力でまだ取り返せることができるが、あまりに死に続けるともう取り返しがつかない。自分が勝てないという意識はとても必要で、消極低プレイに見えるかもしれないが、その後の集団戦で十分取り返せる。レーン戦での勝利と試合の勝利は必ずしもイコールではないことをしってほしい。

集団戦

ブロンズ帯でのよく見る集団戦の起こる場所は大体ミッドである。トップとボットのレーン戦が終わった段階でミッドに集合し、それを見た敵味方がぞろぞろ集まってなんとなく集団戦が始まり、勝ってもオブジェクトが取れないといった具合。なぜそうなるかというと、目的がないからである。そこでサイドレーンに目を向けて、チャットやピングで次の目的を統一することはとても大事である。最適解でなくても目的が揃っていれば、必ず勝利へ繋がる。自分はここを狙いたいのに・・・という場面でも、チームの意思を尊重することはとても大事である。そのためSkypeがあるなら楽ではあるが、ランクやソロQのときは積極的にピングやチャットで自分の意思を示そう。

インヒビターとバロン

もうひとつ特徴としてインヒビターを破壊したあとそこに留まる現象である。自分はこの現象に名前をつけてもいいとまで思っているが、いい名前が思い付かない段階である。なぜ留まるのかは分かりかねるが、概ねインヒビターを破壊することは王手であるため、そのまま勝てるという慢心にあると考える。確かにインヒビターの先は敵のツインタワーとネクサスのみになる。ただインヒビターを破壊することの意味は、スーパーミニオンによるプッシュレーンの確約でしかない。つまりインヒビターを破壊したレーンは、チャンピオンがプッシュしなくても勝手に押していくことが最大のアドバンテージである。プッシュレーンになるとどうなるかというと、ミニオンたちは勝手に敵のツインタワーとネクサスを破壊しにいく。敵は絶対に一人はそのレーンをプッシュしにいかねばならない。そのとき他レーンに5人集結していれば必然的に相手が一人欠けて5v4の形になる。そこでタワーへのプレッシャーと集団戦を仕掛ければ勝てるような状況を作り出すことで優位になる。オーソドックスな勝ち方として、ひとつのレーンのインヒビターを破壊し、プッシュレーンを作り出したあと他レーンのインヒビターを狙い人数差を使い集団戦を起こしてインヒビターを破壊する。2レーンにプッシュレーンを作り出したあとバロンか残りひとつのインヒビターを狙い、バロンをとった場合、バロンミニオンの力を使ってタワーやネクサスにプレッシャーをかけながら折っていく方法である。もちろんケースバイケースにはなるが、インヒビターを破壊したあとその場に留まることはなんの利点も亡いことを理解してほしい。

インヒビターに関してもうひとつ。インヒビターを破壊しプッシュレーンになったとき、プレッシャーをかけることが容易になるためそのレーンに人数を割いてプッシュしていく姿をよくみかける。勝手にプッシュレーンになることを念頭にないケースである。勝手にプッシュするということは、チャンピオンがプッシュする必要がないということである。そこを一生懸命プッシュする理由は一つもない。そこに集まって集団戦を起こすことで得られるものもなく、負けた場合逆にインヒビターを破壊され負けるという最悪の状況になる。プレッシャーをかける側は敵と味方が五分の状態で集団戦は絶対に起こしてはならない。敵チャンピオンが他レーンに出た瞬間が集団戦チャンスであり、確実に勝てる集団戦である。逆にこちらが押されたレーンをプッシュしている人がいるときは絶対に集団戦を起こしてはいけない。