読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高機動型ブログ

自分の反省や今後の目標を適当につらつら

タンクイニシエーター

League of Legends

 タンクチャンピオンとは、豊富な物理防御、魔法防御、体力をつんでいくチャンピオンの総称である。また多くの場合、メレーファイターである。タンクはジャングラーやトップレーン、サポートといった多くのレーンでピックされ、集団戦でのヘイトを集めたり、敵のキャリーを豊富な体力を武器に張り付くことで機能させないといった特徴がある。

 タンクには大きく分けて2種類あり、レオナ、サイオン、マルファイト、セジュアニ、アムムといったチャンピオンの多くの場合、集団戦でのイニシエートとなる強力なCCを持っている。その代わり、スキル1発による大ダメージが期待できないため、より多くの敵に範囲のCCをばら撒くことが仕事となる。またCCが少ないが張り付き性能の高いムンド、ガレン、シェンといったチャンピオンもまたキャリーにとって厄介となる。

 ここで問題になるのはトップレーンは特にレーン戦での力である。強力なスキルや通常攻撃を持たないタンクは、敵のダメージ系チャンピオンに対し受身の状況をとらざるを得ない。しかし、味方ジャングラーのガンクなどを合わせてキルをとったり有利を作ることは難しくない。また多くの場合テレポートをサモナースペルとして持っていることが多いので、ボットレーンなどに介入してCCをばら撒くことで小規模の集団戦に貢献できる。集団戦フェイズでも常にフロントを維持することでイニシエートする機会をうかがい、対面することによってじりじりとレーンを押し上げながらプレッシャーをかけることができる。このにらみ合いが効果的なタイミングは、サイドレーンがプッシュレーンとなることで、タワーを守るために敵が移動を余儀なくされ、人数差を作ることができる。もしサイドレーンがプルレーンだった場合、速やかにあたる事で目の前のタワーを降りつつサイドレーンのタワーの防衛が望ましい。

 イニシエートする際にフォーカスはどれがいいのか、という問題があがる。敵のADCやミッドキャリーを無効化することに焦点がいきがちだが、敵のフロントラインをまとめてCCで妨害することでこちらのADCとミッドキャリーがある程度自由に攻撃できることも留意しなければならない。よくある状況として、無理に敵の奥にイニシエートすることで敵のADCとミッドキャリーをこちらにフォーカスさせることで無力化させたが、敵のフロントラインがこちらのADCやミッドキャリーを止めに入ることで自分だけが死んでしまい、その後フリーになった敵キャリーが味方を全滅させる、といった展開である。このときよく言われる戦い方として「手前から」といわれる。つまり敵のフロントラインを封じることで先に倒し、その後一人ずつ奥へ奥へとフォーカスを移していく戦い方である。このときタンクに求められるものは、イニシエートだけでなくキャリーのピールである。味方のキャリーへイニシエートしてくる敵をCCを使って剥がすことで、手前から敵を倒し味方後衛と距離を開けることなく集団戦を勝ち抜いていくことを目的としている。

 多くの場合、使えるスキルはQWERの4つが基本となる。各スキルのCCをどの敵に対して使っていくかを考えていくことで無駄撃ちを防ぎ、大事なときにこのスキルがない!という状況を防ぐことができる。例えばサポートチャンピオンのレオナはQ、E、Rが強力なCCである。Rの範囲スタン・スロウを敵のフロントラインに撃った後は、敵タンクやアサシンに対してQやEをとっておく、といった使い方である。ここでRのあとにそのままEQを撃ってしまうと、クールダウン中なにもできない硬いだけの人になってしまう。またサモナースペルのイグゾーストを持っている場合、イグゾーストにはAS低下、魔法防御、物理防御低下、移動速度低下など強力なデバフを一気に付与することができるスペルであるため、敵アサシンなどが近づいた際付与することで一気に弱体化させて勝つ、といった戦法がとれる。また攻めの際には逃げていく敵に付与することで移動速度を低下させ、倒すといった戦法が取れる。

 LOL個人戦ではなくチームファイトであるため、チームにとってどの敵からイニシエートで狙っていけばいいかを考えていくことが大変重要であるといえる。