読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高機動型ブログ

自分の反省や今後の目標を適当につらつら

ADC

League of Legends

ボットレーンでADCと呼ばれるチャンピオンはレンジの広い通常攻撃によって敵の届かない位置から攻撃し続けることでダメージを出すチャンピオンである。また攻撃力と攻撃速度を強化していく性質上、タワーやドラゴン、バロンをより素早く破壊することができる。
ADCは大きく2つのタイプに分けられる。ひとつは通常攻撃に重きを置いたジンクス、シヴィア、アシェなど。もうひとつはスキルを絡めていくことでダメージを出すエズリアル、ルシアンといったタイプである。
通常攻撃タイプは、高い攻撃力と攻撃速度によって敵を攻撃し続ける。スキルタイプは、物理攻撃がレートに乗ったスキルを絡めながら攻撃するタイプである。もう少し詳しく述べていく。
通常攻撃タイプは、ブリンクに乏しい分集団戦での位置取りが極めて繊細である。しかしその分攻撃できる時間が伸びることで大きな戦力となる。そのため敵のアサシンは見えているか、どのルートでこちらに寄ってくるか、敵のイニシエーター対しても同様に注意する必要がある。
キルショットタイプは、ブリンクを持つチャンピオンが多いため、通常攻撃タイプに比べ敵のスキルを避けたり、取りのがしそうな敵に対して間合いを積める、といったことが可能になる。またシーン(スキルを打った次の通常攻撃が強化される)といったアイテムを積んでいる場合、スキル回しも念頭に置くことでダメージをより多く出すことができる。しかし通常攻撃タイプに比べて通常攻撃のレンジが短いため、敵との間合いや敵のスキルの有無を把握してることが必要となる。
集団戦で勝つためにはADCの存在は大きいが、集団戦での活躍と同等、もしくはそれ以上に大切なのが、集団戦に勝利したあとである。それは先にも述べたオブジェクトをとる能力が高いことにある。ADCの場合、レンジがメレーに比べて広いため、ある程度敵のタワーから離れて攻撃することができ、その速度も速い。そのため集団戦で勝利したときADCが生きているかどうかは勝利への鍵となることは間違いない。
そうはいっても、集団戦においての継続火力やタワーへの驚異を考えると、ADCは敵のフォーカスを集めやすいロールでもある。武器を最優先にしているため防御力が皆無であり、一歩間違えるだけでアサシンやメイジ、タンクからフォーカスされデスに繋がる。そのため位置取りのときは、敵のチャンピオンとの距離、アサシンやメイジの存在、ルートの予想、もし距離を詰められた場合敵の足を止めてくれる味方が近いのかを確認することで生存率をあげることができる。あと一撃で倒せると前にでて、倒せたはいいが自分が死ぬことで集団戦で負けてしまうことや、その他のオブジェクトに繋がらないことはよく見られるため、なによりも自分の位置を最優先にしたい。が、必ずしも不正解ではないため、敵のチャンピオンがスキルを持っているのか、HPはどの程度差がついているのかといった状況判断が瞬時に求められるチャンピオンでもある。